<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 30日

感謝の一年

c0116787_11465754.jpg


今年は感謝の年となりました。

たくさんの方からの温かさを感じた年でもありました。

悲しい涙も、嬉しい涙もいっぱい流しました。

生涯、忘れる事の出来ない一年です。


心から想いを込めて…

みなさま、ありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-30 11:50 | 挨拶
2009年 12月 20日

暫くお休みなの

c0116787_1741479.jpg

PCが壊れました。更新、暫くお休みします。


我が家に新しいPCが投入されたら、また皆さんのところへ伺いますね。


よいお年を(笑)




※PCにメールを下さる皆様へ

もう受信できません(笑)

何かご用がある場合は携帯にご連絡を頂けると助かります。

お手数をおかけしますが、宜しくお願いします。
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-20 17:41
2009年 12月 14日

素敵な贈り物

今月の頭に、素敵な贈り物が届きました。
c0116787_754626.jpg

窓になった日付をめくれます。クリスマスまでカウントダウンです。

めくると、それぞれへのプレゼントが!子供にはお花にお菓子におもちゃ。

お家の窓には乳母車が…赤ちゃんが授かるって事でしょうか。素敵です。

そして、ワンコにも。
c0116787_781772.jpg

お友達かなぁ。

心がほっこりしました。


むつこさん、ありがとうございました。
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-14 07:11 |
2009年 12月 09日

c0116787_11145840.jpg


母を表す写真を撮ってみました(笑)。

これは台所の一部。

野菜を放置。でも、同じ種類の野菜を冷蔵庫にも入れている。

すぐ使うわけでもなさそう。その選別は不明(笑)。

そして、菊の花。これは観賞用なんだそうだ。

咲く前に落ちてしまった蕾が可哀想だと、拾って飾ったとの事。

何故にペットボトルの蓋?でも、枯れる事無く、咲いていた。


母はどんな人?と、聞かれたら、こんな写真の人。だと答えます。

少し不思議で面白い人です(笑)。

父は?と聞かれたら、その不思議さを不思議と思わずスルーする人です(笑)。



※これで実家に行った時の写真はお終いです。

長らくお付き合い頂き、ありがとうございました!!!
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-09 11:26 | 植物
2009年 12月 07日

二つの お



おっ?!
c0116787_180648.jpg






おぉ~~~!!!
c0116787_1804817.jpg






タイトルは、なんだぁ?!の 【 お 】 と、すげぇ~~!!!の 【 お 】  二つの お でした。

山の中に、しかも巨大な岩の上に…説明はなく、ただただ、そこにいらっしゃいました。


この山、音が怖かったです。

あちこちからスズメバチの羽音がずーーーっと聞こえていますし、山の中からは鈴の音が…。

熊避けの鈴です。そう遠くない場所から聞こえてくるんです。

誰もいない静寂な山中。葉が落ちる音でさえ、はっきりと聞こえてくる静けさ。

その中で、ブーーーーーーン  シャンシャンシャン…さすがに、怖かったです(笑)。


でも、凄く神聖な場所だと思います。

鳥肌、何回たったかわかりません。


って、何の話なんだか…すみません!
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-07 18:12 | 風景
2009年 12月 05日

山紅葉

c0116787_10223713.jpg


c0116787_102376.jpg


山の中で真っ赤に染まるモミジ。

それを見ているのは母と私だけ。

貸切、独占の山紅葉。

贅沢!!
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-05 10:25 | 風景
2009年 12月 02日

ありふれた柿の木

実家から車で30分程の場所に、立派な柿の木がある。

写真を撮ったらどうかと、現地案内人の母が連れてきてくれた。

だが、先客あり。しかも、いただけない。

カーブに堂々と車を止め、狭い道路に三脚をたて、道の真ん中で撮影をしていたのだ。

いくら交通量が少ない田舎道でも、どうかと思う。

そこにならんで撮る気もおきず、母にごめんなさいをして、その場を去った。


帰り道の途中、少し離れた場所に柿の木が見えたので、近くの広場に車を止めた。

小さい川の小さい橋を渡り、人が一人歩けるようなでこぼこ道を進む。

途中から草が膝丈以上になり、ヘビが現れそうな道?になる。

ようやく、柿の木に近づけた。

c0116787_21394776.jpg


誰かが撮りにくるような木じゃないかもしれないし、ありふれた柿の木かもしれない。

だけど、私は一目惚れしちゃった。


マナーの悪いおっさんに数ミリ感謝(笑)。



※コメントのお返事、遅れます。申し訳ありません。。。
[PR]

by tendon-gyudon | 2009-12-02 21:46 | 植物